家作りと言えば信頼性が何より重要ですが、兼六ホームでは地盤の調査から必要に応じた改良まで確かな基礎工事を心がけています。
基礎はなんと言っても家作りの土台となる部分ですから、絶対に手は抜けないところです。
ここで手を抜くと将来家が傾いたり歪んだりしてしまうものですが、兼六ホームでは様々な調査や現況確認によって間違いのない基礎作りを実施します。
これにより、将来起こりうる地震にも耐え、建物の沈下や傾斜も防ぐことができるのではないでしょうか。
土台には質の高い部材を用いることでシロアリにも対処します。
米松と呼ばれる木を主要木材として使用しますが、耐久性に優れた美しい建築構造材です。
シロアリ等の虫害や腐朽菌による腐朽に対処できる力を備えているなど、より過酷な環境に耐えうる部材として評価されています。
構造は木造軸組工法がベースとなっており、伝統的な木の良さを活かしつつ、足りない部分を先進技術で強化するという形です。
これにより、万一の自然災害にも十分耐えうる構造を実現することができるでしょう。