今は昔と違って短い時間で随分遠くまで行けるようになりました。
大阪-東京間でさえ新幹線(のぞみ)を利用すれば、2時間半ほどで到着出来ます。
距離を感じなくなり便利なのは確かですが、それでも新幹線代というものは意外と高いものです。
例えば、単身赴任や遠距離恋愛の場合などは定期的に行き来しなくてはいけませんが、その費用も積み重なってくると馬鹿になりません。
結婚を見据えて付き合っているカップルが交通費に月3万円前後も払っていたら、結婚資金はなかなか貯まらないのではないでしょうか。
そんな場合は高速バスを使うことをお勧めします。
新幹線であれば片道14,000円程度掛かってくるような場合でも、大体その半額程に抑えることが可能です。
交通時間はその分掛かるのですが、夜行便で行くなら寝ている間に到着してくれるので、滞在時間が短くなることもありません。
むしろ、朝から現地に到着しているので使える時間は考えようによっては多いとも言えるでしょう。
もちろん、高速バスで行くのは体力的に疲れますので、「バスの中で何時間も座りっぱなしというのはちょっとツラい」という方もいるでしょう。
その場合は、何も往復で行く必要はないので片道だけ新幹線を使い、もう片道を高速バスで利用するというのも一つの手かもしれませんね。