長年治療経験のある歯医者が虫歯や歯周病にかかったら誰に治療してもらうのかなあ。おっくうな歯医者でなかったらある程度は自分でできそうなもんだからやっぱり中央区の自分が開業している歯医者の診療台に寝転がって鏡を見ながら歯医者さんが自分で治しちゃうんだろうな。中央区にあるとある病院の外科医の医師は他人が全く信じられない人で虫歯になったときも中央区に沢山歯医者があるにもかかわらず自分で抜歯してしまったんだって、なんとももったいない話。だって歯って抜いてしまえばそれまで。あってナンボの歯の機能だから虫歯ごときで健康な根っこを持つ歯をそっくるそのまま抜いてしまうのはもったいないなあ。中央区にだって歯医者は五萬とあっただろうになんで行かなかったのかなぁ。歯医者が信用できないというよりも自分が一番偉いと思っている外科医らしく、中央区の歯医者には自分の歯を触らせたくなかったというのが本当の理由らしいけど、それにしてもね。