ILCとは、史上最大で最高エネルギーの、
次世代の電子・陽電子衝突加速器、国際リニアコライダーのことです。
この粒子加速器を使うと、宇宙のビッグバン直後の状態を再現することができ、
質量の起源とされるヒッグス粒子という素粒子の性質を解明することで、
宇宙創成の謎の解明につながると期待されている加速器です。
今までは標準理論の実験では、
LHCという大型ハドロン衝突型加速器が使われていました。
LHCは巨大な円形加速器で、
小さい陽電子や電子よりは効率よく曲げやすい陽子を使います。
円形加速器では基本粒子3つからできている陽子同士を
大きな円を描いて衝突させるために、素粒子の反応がとても複雑になります。
LHCでは、ヒッグス粒子を発見することはできても、
素粒子の反応が複雑なために、
発見された粒子について精密測定することが難しいと言われています。
それに対して、高エネルギー加速器であるILCという国際リニアコライダーでは、
それ以上分割できない基本粒子である陽電子と電子を
直線で加速させてまっすぐに衝突させるので、
素粒子の反応がシンプルで、全部直接観測できると言われています。
なので、ILCでは発見されたヒッグス粒子の性質を
詳しく調べることが期待されています。clickして参考サイトへ