公認会計士は、日本国内における資格試験の中でも、トップクラスの難易度を誇る試験となっています。
そのため、大半の方が、一発合格ではなく、数年単位で受験することを念頭に置きながら勉強しています。
試験の難易度が単に高いということではなく、とにかく試験範囲が膨大過ぎるために、途中で挫折してしまう方も少なくありません。
実際に試験を受けている方の合格率が10パーセント程度ですので、試験まで辿り着けなかった方の人数を入れてしまうと、10パーセントよりも低い合格率となってしまいます。

試験に合格するためには、最初から最後まで正しい道に導いてくれるような存在が重要になってきます。
身近に公認会計士の資格を持っている方がいるのでしたら、その方に教えてもらうこともできますが、そういった方がいないような場合には、公認会計士の予備校や専門学校などを利用するようにしましょう。

専門学校の中でもCPAは、非常に合格率の高い学校として知られています。
通学だけでなく、オンラインなどでも講義を受けることができますので、自分のライフスタイルに合わせた試験対策をすることができます。
また、CPAでは、全ての教科の講師の方が常駐していますので、分からないところがあれば、すぐに質問することができますので、理解度を深めるのにも最適なのです。