BCP対策とは、企業ごとに行っている自然災害への施策になります。
近年は地震や台風、大雨、大雪、土砂崩れなどによって、日本全国で様々な被害がニュースとなっております。
こういったトラブルよって経営や業務が停滞してしまうことは、企業によって大きなダメージへと繋がります。
また、その企業の商品やサービスを使って商売をしているような方からの信頼を損なう結果にも繋がりますので、経営が危ぶまれる結果に繋がってしまいます。
そのため、企業側は効果的なBCP対策を施す必要があるのです。

このBCP対策の一環として注目されているのがLEDビジョンです。
災害時などには、情報が色々と錯綜します。
すぐに有効な情報を発信するために、一元管理されたLEDビジョンを複数の箇所に設置することによって、災害情報であったり避難場所などの情報を発信することができるようになってきております。
例えば避難経路への誘導であったり、津波の有無や台風の進路などの災害情報の共有化なども容易です。
LEDビジョンは、様々な大きさがありますので、その場所にあったものを設置することで、より効果的に情報を共有することができます。
株式会社クラウドポイントなどには色々なLEDビジョンが用意されておりますので、BCP対策として購入する企業が増えております。

詳しい情報はコチラ