会社にとって一緒に働いてくれる仲間はとても重要な資産です。
長年働き続けてくれることによって、会社への貢献率がアップし続けていきます。
逆にすぐにやめてしまうような人材ばかりですと、新入社員が入って仕事を教えても続かないので教えている時間の全てが無駄になってしまいます。
どのようにすれば離職率を下げることができるのでしょうか?

離職率を下げるためには、とにかく社員を大事にする姿勢を見せるということです。
労働環境を整えたり、お給料やボーナスをしっかりと考えたり、残業時間を減らしたり、休日出勤を無しにするなどです。
もちろん低賃金でも仕事をしてくれる人も大勢います。
しかし、そういう方は会社に愛社精神をもちませんし、辞めても少ない賃金で働くことができますので、すぐに転職することができます。

長く働き続けてくれる人材を確保するためには、会社の愛情を目で見える形で提供する必要があるのです。
他にも面倒な作業を減らすために面接コボットのようなRobotic Process Automationサービスを導入したり、テレワークを導入するなども有効な手段です。
今回の新型コロナウイルスの蔓延によって社員からの株を上げた企業はそういった事がしっかりとできている企業だと言えます。

面接コボット | RPA BANK