飲食店を経営しているオーナーにとって、最も神経を尖らせなければいけないのは、やはり生鮮食品の鮮度だと思います。
最近では、冷凍技術も高くなっておりますので、新鮮な魚介類やお肉などを仕入れることができるようになりました。
しかし、一方で冷凍に向かない野菜などは、どうしても鮮度が二の次になってしまい、価格ばかりに目が行きがちです。
特に今年の夏のように梅雨の時期の長雨や新型コロナウイルスによる一時的な需要の拡大によって、野菜の高騰などの問題があると、余計に新鮮な野菜を確保することが難しくなってしまいます。

そういった時には、仕入先の食品卸売業者を選びなおすことも重要になります。
野菜の仕入先を選ぶポイントとしてあげられるのが、適切な価格であること、必要な量と種類を確保することができること、発注までのスピード、お客さんに提供するだけのクオリティを保てる事などが挙げられます。
特に価格と鮮度、発注スピードの3点は非常に重要になります。
最近では、泉卓真さんのいずみホールディングスなどを利用している飲食店の方が増えているのですが、いずみホールディングスを選んだ決め手となったのが、鮮度と発注スピードにあるみたいです。